スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワケ

「今年は果実の市況が厳しいらしいな」

父が切り出した。

ぶどう作り50年のこの男、毎年この時期になると少し弱気になる。

どうやらぶどうの売値を少し下げようか迷っているようだ。

1キロ(2房~3房)1600円という例年の価格を100円下げるかどうかというもの。


スーパーで350gパック(一房)398円、生協で800g(二房)980円位が相場である。


これと比較するとウチの売価はキロ400円ほど高い。

まあ、一房売りか1キロ売りかという量目の利便性はさっ引いて考えると明らかに1600円は突出している。

これを1500円に引き下げたとて同じである。

別に孤島に1軒だけのぶどう園だ、とかまわりに競合する果樹園が無いわけではない。

直売所の目前にあるものを含め半径1キロ以内には2つのスーパーがあり、直売をしている農家は町内に4,5軒ある。

ぶどうを買いに来て下さるお客さんは、その価格に見合った価値を手嶋ぶどう園に見ておられる。


父は、この強気の価格に見合った価値を果実に込めようと1年間いや、40数年もの間、必死で頑張ってきた。



マーケティングの基本は、その商品やサービスが売れ続けることでその顧客や社会が向上する仕組み作りにある。

そこまで構築出来れば利益は後から着いてくる。

ぶどう園の社会的存在意義を問われれば、それは美味いぶどうをお客さんにお届けし、一時の幸せをかみ締めていただくこと。


そこを突き詰めていけば、ひたすらに糖分の高い果実栽培にたどり着く。


そのことに真っ正面からとっ組あい、苦しみもがいて必死でやってきた父。


ぶどうが甘くなる技術はほぼ確立した。

秘伝という訳ではない。

私ならばその技術を囲い込み、ビジネスのコアにしてしまうのだが、どういう訳だかこの男、講習会とかなんとかを開いては、その技術を仲間達に広めようとする。


あんたが普及員になればよかったね。


家にいるより畑にいる時間の方が長い。

夜も電気を付けて畑でぶどうを見ている。楽しいのか?と聞いたことがある。


「楽しいな。俺はぶどうの栽培が好きなんよ。」


その父が、ぶどうの直売開始を目前にしたこの季節、少し弱気になる。

そうか。


いくら頑張ったからといって、好きだからといってその評価はシビアに売り上げという数字で表される。

不安なんだな。




よし。


親父、俺に任せろ。
 


手嶋ぶどう園からお客様へ。

果実の甘さ、それ以外に何かメッセージを届けよう。

「手嶋ぶどう園 ぶどう畑通信」これに甘さに賭けた情熱や、その後ろにある喜びや苦労、手嶋ぶどう園の等身大を見ていただこう。


そのことで甘さ以外の何かを感じて頂けたら、それは手嶋ぶどう園にとっての幸せ。

一昔前まで6割が農家だったこの国の農家人口は全体の4%にまで減少した。


社会の中で農業が果たしてきた役割を担うには、農家が少なすぎる。


失ってしまった農の役割。

嗜好品である果実の農家でもやり方を考えれば何か出来るかも知れない。




先日、収穫間近の果実に襲いかかってくる野鳥との戦いをA4一枚にまとめ、「手嶋ぶどう園 ぶどう畑通信」を制作し、父に渡した。


「こういうのを暑中見舞いと一緒に送ったらいいんよね」

反応は悪くない。

いや、店に来たお客さんに配ったらいい。郵送料も要らん。週に1回くらいのペースでつくるから、その都度500枚位を配りきってよ。そしたらリピーターにも繋がるから。


翌日、店を覗いてみた。あら。店頭に通信がない。1日で配りきったか? 聞いてみた。



「あ、あれか。あれな。配ってない。」









なんで!!!!


「あれ、配るのはずかしい。」



・・・・。


ちょっと等身大過ぎたか。


悪くはないんだが、自分のことをそのまま書いているので本人がそれを配るのは恥ずかしいんだそうだ。

園主がそういうんだから仕方がない。


手嶋ぶどう園ぶどう畑通信!第1刊にて華々しく廃刊。


090728_1143~01
※画像は幻の手嶋ぶどう園ぶどう畑通信


「おまえの得意なネットとかそういうのやったらいいぞ。けど、ここで配るのはつまらん。」




これがこのブログが立ち上がった理由。



また遊びに来て下さい。




スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

てしまぶどう園

Author:てしまぶどう園
川崎町にあるちっちゃなぶどう園。
私はそこで生まれ育ちました。
手嶋ぶどう園では、ぶどうづくりをぶどうに任せることにしました。
私たちはぶどうの声を聞き、ぶどうがやりたいようにやるお手伝いをしています。
自然に任せて自然のなかで生きる。

そういう生き方ができたらいいなと思っています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@
手嶋ぶどう園
電話0947(72)3273
fax 0947(72)5454
〒827-0004
福岡県田川郡川崎町田原
田原交差点そばジョイフルの前
営業時間
朝8時30分~夕方6時
※17時以降ぶどうが無くなると閉店します。
遅くにご来店の際はご連絡下さい。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。